So-net無料ブログ作成
検索選択

生き方カレッジ2010 吉田都 [セミナー]

DSC03407.jpg


吉田都さんのお話を聞きに行ってきました。
「オーラ」というか、その身体自体が美術品のよう。
バレエピアノもそうだけど、頭でこうあるべきと考えたことを
身体の隅々までその通りに動かせる人間というのは神のようです。

「足の爪が割れていても、体幹や腕は鍛えられるわよねえ〜。そうすればいいんじゃない?」
と、さらりふわっとおっしゃる。

「習得したことを、自分の感性に従って表現できる。」

そういう意味でも言わずもがなの素晴らしさであるけれど、

「習得するための練習を、自分の惰性に逆らって実行できる。」

そういう意味でも圧倒的。

***

下世話な話で恐縮ですが、ギラついた感じがまったくなく
海外が長かったことをほとんど感じさせない物腰柔らかで上品な、
女性的でかわいらしい方だったなあ。

コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コメント 4

maple

TVで拝見した時もすごく素敵ーって思ったの。
しなやかな体としなやかな心。
by maple (2010-12-08 00:30) 

345

mapleさん
ああまさに!
しなやかって言葉ぴったり。
少女のようで、あのまんま。
by 345 (2010-12-10 00:16) 

blaksumur

大好きです!!
あの、さりげなさとしなやかさ。
そして、あのオーラ。
都さんのことを思うと、まだまだ努力できるはず、と思ってしまいます。
by blaksumur (2010-12-10 17:05) 

345

blaksumurさん
ほんっとーーーにそのとおり!
まだまだ自分に甘いわよ・・・というか
全然比じゃないんですけど。。。
髪を下ろして、巻き髪でおしゃれで、
レッスンや舞台とは違う素敵さもすごくて
ことあるごとに思い出します。
by 345 (2010-12-19 23:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。