So-net無料ブログ作成
検索選択

■ポッケのボンボン [■うれしい]

赤と白の薔薇を抱えて、
Le Vésuveから訪問先へ向かうときのこと。

高樹町の薄暗い地下道で、
外国の紳士とその通訳らしき方に
「このあたりに一休みできるカフェはありませんか。」と声をかけられました。

表参道の先のその交差点付近は、確かにお店が少なくなる地点でしたので
六本木通りを渡ればカフェがあるかもと思い・・・」とおっしゃるところを、
半ば強引に岡本太郎記念館のa piece of cakeへ。
脳内検索によれば、どこにでもあるチェーン店ではなく
日本の誇る芸術家のオブジェのあるカフェの方が、評価の☆が多かったからです。

そして、訪問先がたまたま目と鼻の先でしたから
無事お店に入るまで送って差し上げたのでした。

道中、「薔薇を持ってあげようか」と穏やかに言う紳士は英語を話していたのですが
実際には「ミュンヘンから」いらしたということを伺い、お店の前でご挨拶をして別れる去り際。

iphone/image-20110523234043.png
ごそごそっとスーツの上着のポッケから出てきたのは、
Dallmayrのコーヒーのボンボン。

裏に張られたシールからすると、日本に輸入されていたものでなく
ミュンヘンのもの。

それも、きっと『自分で食べるために』
家から、あるいは街角で買って、直接ポッケに入れて持ってきたものではないかと。

iphone/image-20110523234055.png
単純に、誰かに渡すお土産をたまたまポッケに入れていただけかもしれませんし
少し歩かせてしまった事は、ただの余計なお世話だったかもしれません。

しかし、ポケットでなく『ポッケ』と言いたくなるような仕草の紳士のかわいさと
道案内を遂げた自己満足とが入り交じって
わたしは持っていた薔薇の紅白のような気持ちになりました。


えええと、要するに、

あめちゃんもらって、わーいうれP!!

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 6

luces

ポッケのボンボンはジェントルマンの身だしなみですね(笑)
by luces (2011-05-24 08:31) 

angie17

ちょっとしたエッセイを読んだ気分だ♪

by angie17 (2011-05-24 11:02) 

ひろ

すてきです。
by ひろ (2011-05-24 20:34) 

345

lucesさん
何があるか分かりませんからね、へへ。

by 345 (2011-05-31 01:55) 

345

angie17さん
しらないひとにあめもらったらいけません。
by 345 (2011-05-31 01:56) 

345

ひろさん
ありがとうございます!
by 345 (2011-05-31 01:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。